水彩W資格取得講座|水彩スキルで趣味がもっと楽しく

水彩W資格取得講座|水彩スキルで趣味がもっと楽しく

水彩W資格取得講座で学べる内容

水彩W資格取得講座は、初心者の方でも問題なく学べるよう独自のテキストでカリキュラムが構成されています。

 

最短2ヶ月、毎日少しづつの学習でも6ヵ月という短い受講期間で2つの水彩画資格取得が目指せます。

 

講座では水彩アーティストとして必要な水彩の基礎知識、技法、構図の考え方などが学べます。

 

水彩W資格取得講座|水彩スキルで趣味がもっと楽しく

 

具体的には水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具について、用紙について、筆について、色の作り方、筆の選び方、紙の選び方、保存方法、パレットの種類や使用方法などがあります。

 

また、水彩インストラクターとして必要な下記に掲げる内容などのスキルを習得できます。

 

水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、下書きの準備、セカンドウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、空の表現方法、水彩画を描く基本の手順法、混色と重色について、道具ごとの構図を描く際のテクニック、構図の決め方、塗り方の基本、2回塗り画法、デッサンの上達方法、応用的な塗り方

 

資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで絵画教室を開き、講師として活動することが可能です

 

水彩W資格取得講座の基本情報

水彩W資格取得講座では、水彩アーティスト(JDP(日本デザインプランナー協会)主催)と、水彩画インストラクター(JIA(日本インストラクター協会)主催)という2つの資格を取得できます。講座の受講費用は一般講座は59800円、スペシャル講座は79800円で取得できます。

 

分割払いを選ぶ場合は、一般講座は3300円の20回払いで、初回だけ4276円支払う形になります。

 

スペシャル講座の分割払いを選ぶ場合は3800円の24回払いで、初回は3891円を支払うことになります。

 

添削課題は一般講座では5回、スペシャル講座では合計6回提出することになりますが、講座の学習期間は最大6ヶ月あるので、毎月1回から2回課題提出していれば遅れずに資格を取得できます。

 

特にスペシャル講座を受けた場合は、試験免除となり、最後の卒業課題の提出だけで2つの資格を取得できるため、より効率的に資格を取りたい場合はスペシャル講座を選ぶと良いでしょう。

 

受講者の評判厳選

手軽に取得できる資格を取ろうと思いたどり着いたのがこれでした。テキストの内容は評判にもあったように、もうちょっとなんとかして欲しいです。資格が取れたので、肩書きも使えてひとまずは満足です。
(愛知県28歳・女性・MAMIKOSecさん)

 

水彩W資格取得講座