実践CAD・建築技術者コース講座|プロレベル一歩手前のCADスキル

実践CAD・建築技術者コース講座|プロレベル一歩手前のCADスキル

実践CAD資格の基本情報

実践CAD・建築技術者コース講座では、CADデザインマスター(日本デザインプランナー協会(JDP) 主催)と、建築CADインストラクター(日本インストラクター協会(JIA)主催)という2つの資格を取得できます。

 

実践CAD講座の受講費用はAutoCAD講座は157500円、JWCAD講座は126000円で取得できます。

 

分割払いを選ぶ場合は、AutoCAD講座は7500円の24回払いで、初回だけ7680円支払う形になります。

 

実践CAD・建築技術者コース講座|プロレベル一歩手前のCADスキル

 

JWCAD講座の分割払いを選ぶ場合は6000円の24回払いで、初回は4200円を支払うことになります。

 

添削課題は15回、トレースは13種類で少しやるべきことが多いですが、講座の学習期間は最大9ヶ月あるので、2週間に1回以上のペースで真剣に課題提出していれば遅れずに資格を取得できます。

 

この実践CAD資格講座を受けて卒業した場合は、外注協力者として働くこともできるので、即戦力として直ぐに在宅での仕事に就けるかもしれません。

 

講座で学べる内容詳細

実践CAD講座を修了すると、そのまま諒設計の設計事務所から外注として仕事をもらえる可能性があるという魅力があります。

 

AutoCADかJWCADかどちらかを選んで受講することになりますが、3次元CADを使用する可能性がある場合はAutoCADを選んで学んでおいたほうが可能性は広がります。

 

その分、学ぶトレースや提出課題が多くなるので、確実に学んで、即戦力として使えるようにしたい場合は、この実践CADを選んだほうが良いでしょう。

 

資格講座のクチコミと人気

こちらの講座は、ネットで調べていてみつけて、頑張れば2ヶ月で、2つの資格を、試験免除で取得できるということで、すぐに受講することを決めました。それまでCADを学んではいたのですが、仕事としてはなかなかCADで成功できていなかったため、即戦力として仕事も貰えそうなこの実践CAD講座を選びました。実践CAD講座で学べたトレース技術などはやはり参考になり、新たにもらえた仕事などでも生かせてよかったです。評判をSNSで調べてみると、割と受けている人が多いという評判で受けても大丈夫そうでした。学習内容はしっかりしていて、事業にも生かせました。講座を受講するかどうか考えている方は、まずは資料請求してから決めてみてください。

 

実践CAD・建築技術者コース講座