建築模型・住宅模型資格取得講座|模型作りのスキルアップに

建築模型・住宅模型資格取得講座|模型作りのスキルアップに

建築模型資格の基本情報

建築模型・住宅模型資格取得講座では、建築模型技工士インストラクター(日本インストラクター協会(JIA)主催)と、実践建築模型認定試験1級・2級(日本デザインプランナー協会(JDP)主催)という2つの資格を取得できます。

 

建築模型・住宅模型資格講座の受講費用は建築模型・住宅模型デザイン2級講座は58000円、建築模型・住宅模型デザイン1級・2級講座は通常174000円、特別受講料120000円で取得できます。

 

建築模型・住宅模型資格取得講座|模型作りのスキルアップに

 

分割払いを選ぶ場合は、建築模型・住宅模型デザイン2級講座は4200円の15回払いで、初回だけ4420円支払う形になります。

 

建築模型・住宅模型デザイン1級・2級講座の分割払いを選ぶ場合は6700円の20回払いで、初回は7100円を支払うことになります。

 

添削課題は建築模型・住宅模型デザイン2級講座では5回、建築模型・住宅模型デザイン1級・2級講座では合計10回提出することになりますが、講座の学習期間は建築模型・住宅模型デザイン2級ならば6ヶ月、建築模型・住宅模型デザイン1級・2級ならば9ヶ月あるので、しっかりと課題提出していれば遅れずに資格を取得できます。

 

建築模型・住宅模型デザイン1級・2級を受講する場合はRC造、木造というすぐに副業で使える2種類を学べるので、即戦力としての活躍も可能です。

 

講座で学べる内容詳細

建築模型資格は、2次元の図面を実際に目に見える形でプラモデルのように作り上げるスキルが有ることを示せるようになります。

 

プラモデルの経験があれば初心者でも比較的身につけやすく、建築模型の基本、設計者の意図をしっかりと立体に作り出す方法や工夫などかなり実践的な部分を学ぶことができます

 

資格講座のクチコミと人気

ここで紹介している講座は、広告を見て知ったのですが、2つの資格を同時に、しかも、試験免除で合格できるということで、講座を受講することにしました。もともと建築模型や模型製作をしていたのですが、資格はなかったのでクラウドソーシングで仕事をもらうために、資格講座を受講しました。資格講座の評判をネットで調べてみると、だいたいは悪くない評判で少し様子を見てから受講することにしました。内容はとても学びやすく、個人事業でもしっかり活用できました。講座に申し込んでみるかどうか迷っている方は、最初は資料請求してしまうのがおすすめです。

 

建築模型・住宅模型資格取得講座