CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)

実績を持つ設計会社の設計アーキテクトラーニングが現場で通用する技術を教える身になる講座です。
建築技術者コース卒業者には2つの資格が100%授与されます。

 

設計アーキテクトラーニングで以下の以下の2つの資格が、取得できます。

  • ・CADデザインマスター
  • ・建築CADインストラクター

 

CADデザインマスターとは?

世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使いあらゆる場面(建築・機械・設備・電気・土木)業務の中でより的確に作図能力CAD技術を一定以上のレベルの知識を身につけ、これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

建築CADインストラクターとは?

建築CADにおける建築設計、建築施工図などを十分に理解したと捉えCADシステムを理解し、AutoCAD、JWCADいずれかの操作が実務において通用するレベルまで達した方へ認定されます。
資格取得後は、様々な知識を利用して講師活動ができます。

 

CAD(キャド)と言う言葉は聞かれたことがあると思います。
そして、パソコンで、図面を引く作業ので、『難しそう』と言うイメージもあると思います。設計図面+パソコン操作と2つの専門性を兼ねているからです。

しかし、図面をシステムが描き、操作をシステムが簡単にしてくれています。
あまり難しく考えない方が取り組みやすいのです。

そして、世の中の人には、CAD(キャド)という、『設計の知識+パソコン知識を持っていないとできない難しい仕事』と思ってもらえるとても名誉な仕事(資格)といえます。

非常にニーズが高い技術です。

 

CAD通信教育はこんな人におすすめ

  • ・建築設計の業界で働きたい
  • ・いずれは在宅で働ける技術を身に付けたい
  • ・パソコンを使った専門性のある仕事に就きたい
  • ・頑張ったら実際に仕事をもらえる講座がいい!

 

設計アーキテクトラーニングでは、実際に使用されている図面を用いて現場で役立つ学習を取り入れています。(実践建築CADコース)
CADを学べる通信講座はたくさんありますが、このうように実践てきな学習を行なっている講座は他にありません。

同じCADコースを受講するよりも、就職、仕事獲得に一歩も二歩も有利なのです。
そのため、【実践建築CAD建築技術者コース】を卒業した方は、外注協力者として登録できます。
主に、トレース・図面修正といった業務を在宅でお願いいたします。
(卒業後、登録申請書をお送りします。)

 

口コミ

全くの素人から始めました。
実践建築CAD初心者コースから始めてみました。

パソコンで設計図面を描くと言うのは想像できませんでした。パソコンで何か仕事をしたいと思っていましたが、家族が『昔からある職についてほしい』と言うので、設計という歴史の長い業界での働けるCADを選びました。家族も大賛成してくれました。

建築設計事務所がやっていて、終了後は在宅で仕事が取れるというのも大きな要因です。

全くの素人だったので、戸惑うこともありましたが、建築設計事務所が教えているのだから間違っていないと信じてやりました。

職業を聞かれて、『建築CAD』と答えられる日が楽しみで仕方ありません。

 

建築業界で働いていて、主にインテリアコーディネーター的な作業をやっていました。
インテリアコーディネイトは、クライアントの趣味、思考次第のところがあって、答えがあるようで無いとこがあります。

答えのある、理系的な業務が私には向いていると思い、実践建築CAD初心者コースを申し込みました。

今まで、私がやっていた業務とは角度が大きく違い、面白いと思いました。
答えが明確なのが何より楽しい、やりがいがあります。

なんとか資格取得ができるコースまで終了し、部署移動を果たしたいと思います。

 

建築設計の会社で事務をやっています。
いずれ結婚して、副業を行うことになる思い、こちらの講座を選びました。

設計の知識もCADソフトの知識も全くありませんが、テキストを読んで実行してみると結構できたので、安心しました。

あとは、黙々と覚えていくだけです。

じっくりやっていきたいと思います。

 

若い頃に土木のCADをやっていました。
90年初めの頃なので、ウィンドウズでもなかったのですが、その頃は営業がしたくて、2年間やったCADを離れました。

最近になってパソコンやOS、ソフトも進化し、手に職をつけなくてはこの先心配と思い、自力で稼げる力がつく、講座を受けました。

土木と、建築は全く違うので、心配でしたが、テキストが理解しやすかったので、何度も読んで覚えながら進めていくことで、理解を深めることができました。

最後まで行けば、資格も取れて、在宅で業務も依頼してもらえるとありましたので、資格取得、在宅作業の受注を目指して頑張ります。

 

 

コンテンツ一覧