住まいアドバイザーW資格取得講座

設計アーキテクトラーニングで以下の以下の2つの資格が、取得できます。

  • ・住まいアドバイザー
  • ・建築材料インストラクター

 

住まいアドバイザーとは?

建物及び建築材料に対する一般的な知識、また住まいの視点見た鑑定、判断能力が問われます。

 

建築材料インストラクターとは?

建築材料インストラクターとは、構造用材 (木材,石材,コンクリート,鉄鋼など) ,内外装仕上げ材 (築壁材,床材,屋根材,各種ボード,建具,建築用金物など) ,性能維持材 (シール材,断熱材,吸音材,防水用材など) で,素材の種類としては木材,セメント,粘土,金属などがあり,その材料を理解したものに授与される。また、資格取得後は講師活動が行えるようになります。

 

建築材料は様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
特徴によって使い方が違うため、理解を深めておかなければ、プロの職人と会話はできません。
プロとして、現場に立つにしても、自らの家を建てるためにプロと会話をするにしても知っておかなければならない知識です。

 

スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できます。

 

住まいアドバイザーW資格取得講座は以下の2講座となります

  • ・通常講座
  • ・スペシャル講座

 

通常講座とスペシャル講座の違い

  • ・スペシャル講座は資格取得保証あり
  • ・スペシャル講座の方が2万円高い
  • ・スペシャル講座は卒業課題を提出することで資格受験免除

※住まいアドバイザーの受験料と建築材料インストラクター
受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方が、お得です。

 

住まいアドバイザーW資格取得講座はこんな人におすすめ

  • ・材質からこだわり家を建てたい方
  • ・住宅関連の会社で働いている人
  • ・不動産関連で働いている方
  • ・ホームセンターで働いている方
  • ・インテリア関連で働いている方

建材は専門用語や、材質など聞きなれない言葉が多く、学ばずに現場で覚えると間違った知識を身に付けてしまうことがあります。
間違った使い方をすれば、当然信頼を失ってしまいますので、きっちり覚える必要があります。

最近はエコロジーな建材がニーズがあり、一昔前は木の節は少ない方がよしとされていたものが現在はではそれが自然なことだから、節はあってもいいとなっています。

そのため無垢のナチュラルな使い方が最近の住宅にはよく使われています。
しかし、業者の都合(在庫)で意味もなく使われることも、稀にあります。
そのため、知識をつけることも必要とされます。

 

口コミ

家を新築で購入しようと思っています。
一生に一度の買い物なので、業者選びから慎重になっています。
家を建てた友人を訪ねて、見せてもらっていますが、『これは大丈夫なのか?』と思うところがちょくちょくあります。

トイレの床にフローリングは大丈夫なのか、台どことの床にフローリンは?
壁紙、コルクの床?木の節があまりにも多いのも気にしてはならない?

などなど、キリがありません。

もちろん見せてくれた友人には聞けないので、調べたりしていました。

そこで、自分で材質の知識を十分につけてから、家を建てようと、資格もあった方が業者と対等に話せる!!

ということで、住まいアドバイザーW資格取得講座のスペシャル講座を受講しました。
知識は十分ついたので、業者の方と、十分に話をして家を建てたいと思います。

 

住宅関連の仕事に就いています。
全く違う業種からの転職です。今は雑用ばかりで、わからないことだらけで、悪戦苦闘しています。

特に建築材料の言葉がわからなくて、1日も早く覚えたいと思い、空いた時間で勉強ができるこの講座を選びました。

テキストを読むと、わからないとことはちゃんと図解があって、わかりやすいテキトだったので、理解しやすかったです。

学んでからは、何を言っているかさっぱりわからなかった、上司からの指示がわかるようになり、感動しました。

 

住宅販売の営業をしています。
大きな買い物なので、お客様も相当勉強されており、こちらがわからない時に、適当なことを言うと一気に信頼を失ってしまいます。

特に建材は、いろんなことを聞かれ、営業としては辛いところです。

そこで、こちらの講座を申し込み致しました。
大きな理由は、資格が2つも取得できるところです。

空き時間を利用して、2ヶ月で熟読しました。
おかげで、お客様にも適切に答えることができ、大工さんとのコミュニケーションも円滑にできるようになりました。

取得した資格も説得力があり、信頼をしていただけます。
勉強が苦手の私でも、わかり安いテキストで、イメージしやすかったのがおおきいと思います。

ありがとうございました。

 

コンテンツ一覧