ネイルアートデザイナーW資格取得コース

設計アーキテクトラーニングで以下の以下の2つの資格が、取得できます。

  • ・ネイルアートデザイナー
  • ・ネイルインストラクター

 

ネイルアートデザイナーとは?

爪や皮膚の構造を始めとした人体の構造や、感染と免疫、爪の病気や衛生管理など多くの知識を持ち合わせ、尚且つネイルアート、イクステンション、リペアなどの技術を持ち合わせた人へ与えられる資格です。
資格取得後は、各種サロンにて活躍出来るのは勿論、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

ネイルインストラクターとは?

爪に関しての知識、ネイルケア・リペアに対しての知識が実用しても問題ないレベルまで達成した人に認定される資格です。資格取得後は、個人でジェルネイルやスカルプチュアを楽しむだけでなく、講師活動を行うこともできますが、どんどん新しい技術が開発されるため、流行を取り入れたセンスと、それを表現するための高い技術が必要となってきます。
爪は、取る、書く、食べるなど、どのような動作をする時にも視界に入ってきます。爪をきれいにすることで、女性ホルモンが活性化され、内面、外見がきれいになります。また、ネイルは、衛生管理が非常に大切になってきます。自分に対してももちろんですが、相手にする時注意しなければなりません。

 

ネイルアートは今ではすっかり定着したファッションです。
ネイルショップも沢山あり、どこも賑わっています。
ネイルアートはネイルという小さなキャンパスに思い通りのデザインををしたり、
爪のケア、衛星の知識も必要になります。

 

ネイルアートデザイナーW資格取得コースの特徴

ネイルアートデザイナーW資格取得コースの特徴は、自宅でネイルアートが学べ資格取得できる講座です。
プロの現場で通じるネイルの知識と技術を学ぶことができます。
もちろん個人サロンの経営も目指せます!!

スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できます。

 

ネイルアートデザイナーW資格取得コースは以下の2講座となります

  • ・通常講座
  • ・スペシャル講座

 

通常講座とスペシャル講座の違い

  • ・スペシャル講座は資格取得保証あり
  • ・スペシャル講座の方が2万円高い
  • ・スペシャル講座は卒業課題を提出することで資格受験免除

 

※ネイルアートデザイナーとネイルインストラクターの受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方が、お得です。

 

ネイルアートデザイナーW資格取得コースこんな人におすすめ

  • ・ネイルアートが好き
  • ・ネイスアートビジネスで働きたい人起業したい人
  • ・美容関係の仕事に就いている人、就きたい人
  • ・カルチャーセンターやセミナーなどの講師をしたい

 

口コミ

プロのネイリストになりたいとぼんやりと思っていました。
しかし、学校に通うと数十万円かかるので、諦めていました。
そしたら、このネイルアートデザイナーW資格取得コースに出会い、10万5000円で課題提出すれば、資格試験免除で2つも資格が取れて、プロの現場で働けるとのこと、信じられなかったのですが、本当でした。

ネイルアートデザイナーとネイルインストラクターになることができました。
本当にまさか私がプロのネイリストになれるなんて…

受講してよかったです。

 

ネイルアートが好きで、毎月ネイルサロンで綺麗してもらっています。
自分でもやってみたいと思い、ネイルアートデザイナーW資格取得コースを申し込みました。爪や皮膚のことから学び、ケア、カラーリングなど、学ぶことができ、自分でも爪や指をいたわることができ、ちょっとした修正は自分でやれるようになりました。

テキストがわかりやすかったです。
資格も取れたので、ここからどうしようか思案中です。

自分でできることはやっていきたいと思います。

 

現在、大学に通っています。
ネイルサロンに就職したいと思い、時間もお金もないので、安くて通学の必要がない、ネイルアートデザイナーW資格取得コースのスペシャル講座にしました。

テキストがとてもわかりやすく、道具一式も揃っていたので、すぐに始められ、楽しく学ぶことができました。

就職までに教わったことを復習して、知人の爪で練習したいと思います。

 

現在求職中です。
好きなことで働きたいと思い、ネイルアートデザイナーW資格取得コースを申し込みました。スペシャル講座なので、なんとか資格をいただくことができました。

爪のこと、道具、リペア、ジェルネイル、カラーリンング、色彩論理、学ぶことが多くて、時間がかかりましたが、時間はたっぷりあったので、ゆっくり学ぶことができました。

まずは、サロンに就職し、実力がついたら、講師やインターネットでの販売、自分のサロンを持つことが、目標です。

がんばります。

 

コンテンツ一覧