ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングで以下の以下の2つの資格が、取得できます。

  • ・ニードルフェルトデザインマスター
  • ・羊毛フェルトアドバイザー

 

ニードルフェルトデザインマスターとは?

JDP(日本デザインプランナー協会)が主催、ニードルフェルトに必要な道具やフェルトボールの作り方・ニードルフェルトの刺繍テクニック・目の付け方などニードルフェルトの製作についての基本知識や技術が一定以上と認定される資格です。

 

羊毛フェルトアドバイザーとは?

JLESA(日本生活環境支援協会)が主催、ニードルフェルトに必要な基礎知識が一定以上のレベルであることだけでなく、さまざまなニードルフェルトの製作知識・レシピを習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格となります。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

ニードルフェルト(羊毛フェルト)とは羊毛をフェルティングニードル(特殊な針)を使って様々な色を組み合わせて、動物などのアクセサリーを作る手芸技術のことです。
ニードルフェルト(羊毛フェルト)ファンも多く、出版物もいろいろ発行されています。
刺繍や物作りが好きな方はきっと楽しんで学べる講座です。

 

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座の特徴

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座の特徴は、簡単な羊毛フェルトからチャレンジし、自分のペースで作品作りのテクニックを学べます。1から学べる完全攻略テキスト、練習問題集があり、最短2ヶ月で2つの資格取得が可能です。

スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できます。

受講後は、羊毛フェルトの先生として活動されたり、インターネットで販売、お店に卸すなど様々な道が開けます。

 

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座は以下の2講座となります

  • ・通常講座
  • ・スペシャル講座

 

通常講座とスペシャル講座の違い

  • ・スペシャル講座は資格取得保証あり
  • ・スペシャル講座の方が2万円高い
  • ・スペシャル講座は卒業課題を提出することで資格受験免除

 

※ニードルフェルトデザインマスターと羊毛フェルトアドバイザーの受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方が、お得です。

ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座はこんな人におすすめ

  • ・人形などのものづくりが好きな人
  • ・雑貨店などで働いている、もしくは経営している
  • ・副業ビジネスで起業したい人
  • ・カルチャーセンターやセミナーなどの講師をしたい

 

口コミ

友人の家にフェルトボールで作ったインテリアがあり、『自分で作ってみたい!』と思い、応募しました。
最初はうまくできませんでしたが、コツを掴めばとても簡単で楽しい作業でした。
ボールを作るのはストレス解消になります。
無事、食べもののアクセサリーも作れるようになり、課題も提出でき、資格を取ることができました。作品がたくさんできたら、ネットで公開し、販売、講師などいろいろチャンレンジして見たいと思います。

 

刺繍が好きで、手芸ショップでフェルトボールやアクセサリーを見て興味があり、ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座を受講しました。
思った通り、楽しくて、作るのに時間を忘れてしまいます。
テキストもわかりやすく、楽しみながら、資格を取ることができたので、やってよかったと思います。インターネット(インスタグラム)などで作品を公開して、楽しみたいと思います。

 

趣味がなく、なにか趣味を作りたいと思い、探していたら、この講座に出会いました。
食べ物のアクセセリーがとても可愛く、調べてみると、フェルトボールから学んでいくとのこと、そのフェルトボールがまた、かわいいと思いそして、頑張れば資格も取得でき、副業も可能ということでしたので、思い切ってニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座のスペシャル講座を申し込んでみました。

始めのボールを作るところから苦戦はしましたが、どんどん綺麗にできるようになった時は、楽しいの一言でした。

作品作りに励んでいます。

 

友達がインスタに作品をアップしているのを見て、我が愛犬の作品を作りたいという気持ちで、この講座を受講しました。
ボール作りからのスタートだったので、『先は長いな!』と思いましたが、ボールを作るのが意外と楽しくて、いろんな色で、たくさん作ってしまいました。

作っている作品をどんどんインスタにアップしています。
ボールからあげましたが、『いいね』がたくさんつきました。

我が愛犬を上手に作ってインスタにアップしたいと思います。
その日がとても楽しみです。

 

 

コンテンツ一覧