カフェ・コーヒーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングで以下の以下の2つの資格が、取得できます。

 

  • ・コーヒーソムリエ
  • ・カフェオーナースペシャリスト

 

コーヒーソムリエとは?

 

コーヒー豆、、コーヒーの産地や種類、コーヒーの歴史、美味しい豆の見分け方、焙煎についてなどコーヒーを選び楽しむための知識です。

 

カフェオーナースペシャリストとは?

 

カフェオーナースペシャリスト資格認定試験は、カフェオーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを認定する試験です。これからカフェオーナーとして働きたい方はもちろん、現在飲食関連企業で働いている方も対象としています。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

今や多くの人の日常生活に欠かせないものとなっているコーヒー、コーヒーを一つの言葉でくくるにはとても難しいくらい様々なコーヒーがあります。
コーヒーの淹れ方、抽出、豆、焙煎どれもとても大事で、奥が深く淹れ方ひとつで味が大きく変わってきます少しでも多くの知識を得ることで美味しいコーヒーを入れることができます。
この講座ではコーヒーに関する専門的な知識と、カフェオーナーとして店舗を運営するために必要な知識が学べます。

カフェオーナーだけでなくコーヒーが好きな人もこのカフェ・コーヒーW資格取得講座を受講すると、きっとためになる講座だと思います。

 

カフェ・コーヒーW資格取得講座の特徴

以下のことについて学びます

  • ・コーヒーの専門知
  • ・カフェ運営に必要な知識
  • ・技能について
  • ・付属のコーヒー豆、フィルターを使ってのコーヒーの淹れ方

 

講座の種類は4種類

  • ・通常講座
  • ・通常講座+エスプレッソマシン、サイフォンセット
  • ・スペシャル講座
  • ・スペシャル講座+エスプレッソマシン、サイフォンセット

 

※エスプレッソマシン、サイフォンセットがついているものと、そうでないものの差額は2万7千円

※スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できる

※通常のコースとスぺシャル講座の差額は2万円

※コーヒーソムリエとカフェオーナースペシャリストの受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方が、お得です。

 

こんな人におすすめ

 

  • ・喫茶店を開業したい人
  • ・コーヒーが好きで美味しく飲みたい人
  • ・すでにカフェを開業している人
  • ・飲食店で働いている人
  • ・飲食店に就職したいと思っている人

 

カフェや飲食店開業の方にはぜひ受講していただきたい講座になります。
コーヒーを淹れるだけではなく開業に関する知識、運営していく上での知識、続けていくための知識をつけることができます。

出店計画、客単価、メニューなどしっかりとした知識をつけた上で開業をできる知識がつきます。
飲食店を経営するのはとても大変なことです是非受講していただけたら幸いです。

 

口コミ

コーヒーが好きで、色々豆を買って色々淹れてみましたけれども、なかなかお店の味に近づけず試行錯誤していました。こちらの講座で色々学べて店の味が出せる様になった気がします。エスプレッソマシン、サイフォンセットも使えるようになりますますコーヒーが楽しめました。

 

飲食店で働いています。お店で出すコーヒーの味が少しでも良くなればと思い受講しました。
これまでは出入りの業者の人が言うままに豆を仕入れたり、機械を入れたりしていましたが、今回、カフェ・コーヒーW資格取得講座をすることで業者の方とも対等に話ができるのではないかと思います。

 

小さなカフェを開きたいと思い、いろいろ調べているとこの講座を見つけました。
コーヒーは大好きですが学んだことはなかったのでこの機会に学んでみようと思いました。知らないことばかりで大変勉強になりました。
カフェをオープンするためにも色々知ることができ、とても勉強になりました。
必ずカフェを成功させたいと思います 。

 

春からカフェで働くことになり、コーヒーの事を色々知りたいと思っていました。
そこでカフェ・コーヒーW資格取得講座を見つけ受講してみました。私がエスプレッソマシンやサイフォンを使ってコーヒーを淹れるとは!!
とてもためになりました。経営についてもコーヒー豆についても知ることができ就職先の役に少しでも立てるかなと思います。

 

なにか資格を取りたいと思っており色々資格を探しているとこのカフェ・コーヒーW資格取得講座に出会いました。
講座内容を見てコーヒーマシンやサイフォン、教材、コーヒー豆などを見てやってみたくなりました。実際にやってみると、コーヒーの深い世界を楽しむことができ、勉強と言うよりは本当に楽しんでしまいました。
これからいろんな豆でコーヒーを淹れることを楽しんでいきたいと思います。
いつかは、カフェをオープンして、自分で焙煎したコヒーを売りたいと思います。

 

コンテンツ一覧